ストレングスファインダーやってみた

 自分の強みがわかるという「ストレングスファインダー」をやってみました。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす | マーカス バッキンガム, ドナルド・O. クリフトン, 田口 俊樹 |本 | 通販 | Amazon

自分の強みを診断できるというテストです。

本についてくるシリアルコードをサイト上で入力すると、受けられます。

試しにやってみた結果は以下のとおりでした。

①共感性、②内省、③着想、④親密性、⑤学習欲

 

①共感性

文字通り、人の気持ちや感情を察することに長けるとのこと。

これまでの経験上、相手の感情に敏感すぎて、やりづらいことのほうが多かったので、むしろ弱点くらいに感じている。

 

②内省

考えることが好き。一人の時間が好き。

これは当たっている感じ。

考えすぎて行動に移せないのも弱点かも…。

 

③着想

解決方法を考えるのが好き。新しいことを経験したい。

仕事を行うとき、効率を考えて新しい方法を考えるのは好きでした。

本当に結果が出たかどうかは別として。

 

④親密性

親密な人間関係を構築する能力とのこと。

う~ん、どうだろう。一人の時間好きだし…。

友人関係は狭く深いかもしれない。

 

⑤学習欲

更なる知識やスキルを獲得したいという欲求があるとのこと。

確かに関心はあちこちにある気がする。

しかし、いろいろ目移りしてしまって、どれも中途半端…。

 

やってみた感想

2択の質問にどんどん答えていく形式なのですが、訳し方なのか、日本語でぴったりの言葉が存在しないのか、どちらにも当てはまらないと感じる設問がいくつかありました。

また、一定時間を過ぎると次の設問に移ってしまうので、「どっちだろう…」と悩んでいる間に入力できなかったものもありました。

 

正直なところ、「すげーめっちゃ当たってる!やばい!」っていうよりは、「そう…かな…?」という感じであまりピンときてない。

できることならもう1回やり直したいです。